【若妻ヤリ友事情】2話あらすじネタバレ

【第2話】昨日はごちそうさま♪今日も朝飯は義姉さんがいいなw

罠に落ちた主婦は快楽を求めてしまい…
若妻ヤリ友事情(チンジャオ娘)
【第2話】昨日はごちそうさま♪今日も朝飯は義姉さんがいいなw
Handyコミック【若妻ヤリ友事情】LP1※スマホ専用

 

凌二は自らの服を脱ぎ捨てると瞳の上着を捲り上げ、ソファーの上で強引に腰を引き寄せてきた。

 

体に力が入らず、ろくに抵抗できない瞳のアソコに猛々しいものが入ってくる。

 

マッサージは浮気じゃないって言ったのに…

 

そんな瞳の甘い戯言を一笑し、凌二は腰を動かし続ける。

 

明らかにセックスそのものの行為にさらされ、中を犯す異物感が裏切りの気持ちを確かなものにする。

 

絶望した瞳を前に凌二は前から彼女とヤリたいと思っていた事を告白してきた。

 

執念深い彼の毒牙にかかってしまった瞳は何も言い返す事が出来ない。

 

更にヤリ友になってと軽く調子ずく凌二。

 

聞きなれない言葉ではあったが、響きからいやらしい関係という事はわかった。

 

すぐさま言い返して拒絶する瞳であったが、夫に言いつけると言われだまりこんでしまう…

 

抵抗するすべはない、そう悟った瞳は叫ぶように言い放つ。

 

私を凌二君のヤリ友にして下さい!

 

瞳の返事に気を良くしたのか、記念に中出ししてやると叫ぶ凌二。

 

夫とのセックスでも避妊している瞳は青ざめ、抵抗するもそんな声が届くわけもなく…

 

更には注がれている間ずっと、瞳のアソコはイキ続けていた。

 

心では拒絶しているのに体は夫とは違ったセックスに喜び、打ち震えていた。

 

その後も幾度となく注がられ続け、引き抜かれた後はアソコからドロッとした大量の精液が溢れ出す。

 

スッキリした顔で去っていく凌二をよそに、汚れたソファーと床を見て瞳は途方にくれていた。

 

夫が帰ってくる前に掃除して夕飯のお買い物しなきゃ…

 

彼とのいつもの生活を守るためにやらなければならないことは山積みだ。

 

こうして彼女と義弟のヤリ友生活が幕を開けていくのであった…

電子コミックで全話配信中!

若妻ヤリ友事情〜チャラい義弟にハメ落とされた元エリートOL主婦の告白〜

▼▼まずは無料サンプル試し読み▼▼

Handyコミック【若妻ヤリ友事情】LP1※スマホ専用

▲▲漫画ダウンロードは画像タッチ▲▲

スマホ専用コミック(android & iPhone 対応)

試し読みは完全無料です